コールカーメティ

記事一覧(33)

12月24日の練習

大宮南公民館レクホールにて定期練習を行いました。年内最後の練習です。今回は引き続き、「かなしみはあたらしい」より「未来へ」、そして「積水ハウスの歌(合唱バージョン)」を練習しました。どちらも信長貴富氏の作品です。積水ハウスの歌は、同社の50周年を記念して信長先生により本格的な合唱バージョンが編曲され、CMで使用されました。聞きなれたテーマソングが素晴らしいアレンジの合唱で放送され、ふたを開けてみたらあの信長貴富の編曲らしいということで、合唱ファンの間では結構な話題となりました。されにそれが正式に出版されたということで、私たちにとっては(もちろん良い意味で)衝撃的なニュースでした。コンサートを終えた年末、少し遊び心のあることをやってみたいというアイデアから今回取り上げることになりました。いざ練習してみると、なかなかの難易度…!特に内声の動きが絶妙で、和声の中でパートの役割を理解しながら音取りをする必要がありそうです。人数が少なかったのもあり、今回は大枠を取るくらいの練習をして切り上げました。しかし、やはり非常に美しいアレンジになっていることが分かったので、もう少し人数のいる時にじっくり取り組みたいです。「未来へ」はポップス的な要素を取り入れてあることもあり、非常に歌いやすい印象があります。この日は初めて歌う高校生や体験入団の方もいらっしゃったのですが、比較的容易に音取りをして、楽しく歌うことができたと思います。前回の記事でも触れた通り、ユニゾンが多いので、ピッチや表現をそろえるなど技術的な要素や、ユニゾンを多用しているそもそもの意図も意識しながら歌っていきたいです。